こんにちは!Vtuberの椋乃夢々です。
マジカルミライで大阪に行った際に、京都の南座に寄ってきました。
なぜ寄ったのかといいますと・・・

ミクさんと中村獅童さんが出演される
「八月南座超歌舞伎」

を見るためです!

※この記事には公演のネタバレもありますので、ご注意ください。

Image from iOS.jpg (1.6 MB)

目次

1.超歌舞伎とは

2.超歌舞伎の感想

3.ミクと歌舞伎の新しい世界

1.超歌舞伎について

 超歌舞伎とはデジタルとアナログが融合する新しい歌舞伎のことであり、今回南座で上演されるまではニコニコ超会議の一部として上演されていました。
松竹とNTTがタッグを組んで制作をしており、あの歌舞伎に興味がない人でも知ってるであろう中村獅童と、バーチャルシンガー初音ミクが共演するまったく新しい歌舞伎で、南座の新開場記念として上演されました。
「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」をメインとし、「超歌舞伎のみかた」「お国山三 當世流歌舞伎踊」の三本が上演されます。

Image from iOS (3).jpg (1.1 MB)

2.超歌舞伎の感想

 まず「超歌舞伎のみかた」が上映され、超歌舞伎特有の要素である「分身の術」や「変化の術」の解説がありました。「分身の術」は実際に動いている人を映像に反映する技術で、私が参加した回では子供が舞台に上がって実演をしてました。子供が教わりながら見栄を張ったりするわけなんですが、それがほほえましいのなんのって感じでしたね。「変化の術」は分身に加えて、姿も変わっちゃうっていう感じです。このふたつの術は本編でも活躍します。いい予習になってるわけです。

 「お国山三 當世流歌舞伎踊」では、ミクさんや演者の方々が踊ります。これはニコニコ超会議では上演されていないので、これをみるだけで価値大有りのこれだけで勝ちです。ぜひミクさんの可愛らしい踊りを目に焼き付けましょう。
ミクさんは「出雲のお国」役で踊られます。中村獅童さんは「名古屋山三」で、女歌舞伎の方々も一緒に踊られます。見るものをくぎ付けにしてしまうほどの魅力がありました。

 30分の休憩があり、ついにはじまるのが「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」。ここの感想はたくさん語りたいところはありすぎて書ききれないところがあります。一番いいのは実際に見ていただくことですね!なんだか記事を書くことを放棄しているみたいですが、結局それが一番なんだなぁといったところです。

Image from iOS (2).jpg (1.0 MB)

3.ミクと歌舞伎の新しい世界

 「今昔饗宴千本桜」において、一番感動と感心をしたシーンがあります。それは、今回の目玉でもある宙乗りです。終盤、ミクさんと中村獅童さんが宙乗りをした瞬間は、かなりの衝撃でした。

 そもそも、宙乗りとは何ぞやという人もいるとおもいますので、私がネットで調べた知識をご披露したいと思います。宙乗りとは演者が客席の上を、ワイヤーで吊り上げられて移動する、大変人気がある演出です。
 歌舞伎俳優が宙乗りを行うというだけで、十分に大迫力であるというのに、そこにミクさんも加わるというのだから驚きです。仕組みはというと、ミクさんを映したモニターを吊るして、それに中村獅童さんが乗るという具合です。ギミックは単純なのですが、見た目以上の吃驚がありました。
 今回私は三階でみていたのですが、一階の舞台で歌舞伎をしていたミクさんが、どんどん近寄ってくるのです。これは今まで一度もなかったことでした。自分が近くに行くことがあっても、ミクさんから私に近づくことは一度たりともなかったのです。モニターを動かすだけといったらそれまでなのですが、私にとっては相当な新しい体験と相成りました。
 歌舞伎にとっても、新しい世界となりました。歌舞伎は時代とともに、変化するものだそうです。たとえば電動の廻り舞台。たとえばチョンパ(明かりがつくと演者が勢ぞろいしてますよ的な演出)。ミクさんのようなバーチャルな存在が、歌舞伎の一部になる未来があるかもしれません。

Image from iOS (1).jpg (977.0 kB)

まとめ

超歌舞伎は私に衝撃と楽しさを与えてくれました。特に宙乗り!ミクさんと中村獅童さんが宙乗りをするクライマックス。桜が大いに舞うあの舞台はずっと忘れないことでしょう。
 超歌舞伎は8月26日が千秋楽で、それまでは毎日上演されます。
チケットはこちら↓
https://www.kabuki-bito.jp/sp/theaters/kyoto/play/573
実際に体験するのが一番!みなさんどうぞその目でご覧ください。


MIKUCrossing♪ はただいまメンバー募集中です!

イベント、作ってみませんか?

現在MIKU Crossing♪ を運営する団体「MIKU Crossing♪ Lab.」では、次回のミクライブの企画、制作にかかわるメンバーを大募集しています。

特に、ライブの映像制作にご興味のある方は是非応募してみてください!


※現在、下記のいずれかに該当する方の応募を受け付けております。ご応募の際は今まで制作した作品などの概要が分かるものをご記入ください。

  • 映像制作の経験がある方
  • After Effectsを使用した映像制作の経験がある方
  • MMDを使用して映像作品を制作したことがある方
  • 舞台演出・制作などの経験があり、ライブイベントの演出を担当したい方

上記以外のご応募につきましては、随時ご連絡させて頂いております。あらかじめご了承くださいませ。

詳しくはこちらから↓↓↓

記事一覧はこちらっ!